鼻みず

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、人の身体の中の脂肪の占有している比重で、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(キロ)÷体重(weight、キログラム )×100」という計算式で分かります。
春に患者が増える花粉症とは、山林のスギや檜、松などの大量に放出される花粉に誘発され、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・微熱・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状を示す病気として認識されています。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに替わる新しい手段として、2012年9月1日より原則無料で接種できる定期接種になることによって、集団接種ではなく小児科などで個々に注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種のスタイル
くしゃみ、鼻水、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の不快な諸症状は、アレルギー源である花粉の飛散している量に追従したかのように酷くなってしまう特徴があると知られています。
もう既に歯の周囲のエナメル質を脆くさせるほど放置してしまった歯周病は、たとえ炎症が和らぐことはあっても、エナメル質が元通りに再建されることはないと言われているのが現状です。
人間の体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに機能する糖、細胞の新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、厳しいダイエットではこうした活動をキープするために絶対欠かせない成分までもを欠乏させる。
AIDSはHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症の病名であって、免疫不全を招き些細な病原体が原因の日和見感染や悪性腫瘍等を発症する病状のことを称しています。
消化器科で診てもらう急性腸炎は、大多数が腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状が出る程度ですが、バイ菌の感染によるものの場合は激烈な腹痛・繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38度以上の高熱が出るのが違いです。
触れ合うことで、被介護者がセラピーアニマルのことを愛おしく思った時にオキトキシンというホルモンが多く分泌されれば、ストレス緩和や心の癒しなどに結びつくのです。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新薬の特許が切れた約1ヶ月後には、製薬市場の8割が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に替わるようなクスリもあるほど、ジェネリック(後発医薬品)は世界に知られているのです。
BMIを求める式はどこの国も同じですが、数値の評価基準は国ごとに違いがあり、日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準体重、25以上の場合は肥満、BMI18.5未満は低体重と広報しています。
規則正しい穏やかな日常生活の維持、暴飲暴食を控えること、楽しいスポーツなど、一見古典的ともいえる自分の体への思いが肌のアンチエイジングにも関係しているといえます。
不整脈の期外収縮は、健康な人にも症状が見られることがあるのでさほど珍しい心臓病とは限らないのですが、短い期間で発作が絶え間なく発生する場合は危ないのです。
脳卒中のくも膜下出血はほとんどが「脳動脈瘤」と言われる血管にできた不要な瘤(こぶ)が破れてしまう事が理由となって罹患してしまう病だという知識を多くの人が持っています。
ピリドキサールは、あのアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクルと呼ばれるエネルギーを活用するために必要な重要な回路に組み込ませるために再び細分化するのをサポートする作用もあるのです。