難聴

うす暗い場所だと光量不足によりものが見えづらくなりますが、更に瞳孔が開いてしまうため、目の水晶体のピントを合わせるのに余分なエネルギーが使用されてしまい、光の入る所でものを眺めるより疲れるのが早くなるといえます。
ライブの開催場所や踊るためのクラブハウスなどに置かれているすごく大きなスピーカーの真横で大音量を浴び続けて難聴になってしまうことを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と呼んでいるのです。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことやタバコを吸う事・お酒を飲むこと・肥満といった生活習慣の変化、ストレスに縁って、ことさら日本人に増えつつある病気だといえます。
急性中耳炎は、一番代表的な中耳炎で比較的子どもに多く起こる病気です。耳の痛みや38度以上の熱、鼓膜の腫れや炎症、膿が流れる耳漏などのさまざまな症状が起こるのです。
紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを促進するという働きが特に認知されており、血液の中のカルシウム濃度をコントロールして筋繊維の働きを適切に操ったり、骨を作り出してくれます。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が満了した4週間後には、製薬市場の約80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に取って代わる薬品もあるほど、ジェネリック医薬品(Generic drug)は先進国で知られているのです。
World Health Organizationは、身体に害を与えるUV-A波の無理な浴び過ぎは皮膚にトラブルをもたらす可能性が高いとして、18歳以下の男女がファッション感覚で肌を黒くする日サロを利用する活動の禁止を世界中に求めています。
現在、若い世代で咳が続く結核に抗う免疫力(抵抗力)の無い人たちの割合が高いことや、自己判断のせいで受診が遅れることが誘因の集団感染及び院内感染が多くなっています。
道路事故や山での転落など、著しく大きな負荷が身体にかかった場合は、複数の箇所に骨折がもたらされたり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、さらに重症の時は内臓破裂することもままあります。
何かを食べる時は、食べようと考えた物をなんとなく口へ運んで数十回咀嚼して飲み込むだけに思われがちだが、その後身体はまことに健気に活動し続けて食物を人体に取り込む努力をし続けているのだ。
子供の耳管の特徴は、大人と比較して幅があり短めの形で、又ほぼ水平になっているため、ばい菌が侵入しやすくなっているのです。大人より子供の方が急性中耳炎を発症しやすいのは、この事が関わっています。
「肝臓の機能の低下」は、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3つの数値で知ることができますが、ここ最近では肝機能が充分ではない日本人が明らかに増加していると報じられています。
クシャミや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の主な症状は、アレルギー源である花粉の飛散する量に比例するように深刻化するデータがあるということが明らかになっています。
チェルノブイリ原発の爆発事故のその後の追跡調査のデータから、体の大きな成人よりも体の小さな未成年のほうが広まった放射能のダメージをより受けやすくなっていることが分かります。
寝姿を見ることなどで、入居者さんが猫を愛おしく感じることで「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌され、結果としてストレス緩和やヒーリングに繋がります。