負け犬の烙印

左翼メディアが多産化にミスリードしようとするのは、本国の韓国の方を高次化産業のホワイトカラー国とし、日本をブルーカラー国にしたいから。

もう1つの前提の男性に常に強い性欲がある前提だが、ストレスでEDになる人がいることから分かるように、本能的な動物と違い人間の性欲は大変メンタルなので、経済的に弱くなって負け犬の烙印を押されている日本男性は、全般に性欲低下している。
婚活市場では、よく男性に求められる収入は600万以上が目安と言われいるが、浮気調査 山形適齢期世代でそれだけの収入があるのは、世代人口の5%程度らしい。 つまり95%の男性は収入で足切りされて負け犬なので、心が折れていて性欲の原動力が枯渇している。 恋愛のゴールである結婚市場がそうなので、手前の恋愛市場も不景気になる。 そもそもの出生数として男性の方が微妙に多く、恋愛市場においてはルックスが平均未満の女性は足切りになるので、20世紀の恋愛市場は、市場のテーブルに乗る人口比が男3に対して女が2ぐらいの比率だった気がする。
今の婚活パーティでの比率は、収入が低い男性は足切りになって存在しないとみなされるので、見かけか収入で合格ラインの男を1とすると、女が5ぐらいの比率になっているそうだ。