論文を分けても

ただ酸性溶液につけるだけでいいという話ではないと思います。
(これで批判するのは藁人形論法になりかねませんので)

ただ個人的には情報分散させるのは結局読者にとっては困るので、論文を分けても一本としてしかカウントしないよってことに実験系分野の研究者たちがとりきめしてほしいです。
銅鉄論文もそうしてほしいですし、論文の追加(後付)をしてもいいようにしたら良いように思います。
あと連名の共著者が「実際には何も貢献していないのに連名にする」というのももっと精密にしてほしいです。
小保方さんはSTAP細胞までを担当し、若山さんがSTAP幹細胞を担当しているように思います。そして小保方さんはちゃんとやっていても、若山さんがES幹細胞を使ったりして不正していたりすると若山さんが首な可能性があります。
そしてもしこのシナリオが正しい場合はSTAP現象は否定されちゃう。