確定申告等

これは私の場合、障害年金が月にすると12~3万の間であります。

年金も収入ですので年間150万程の障害年金+自分の労働対価と言う計算になります。
仮に仰るように月に10万円程度の収入が見込めたとすれば年収で270万、300万弱です。

生活保護から脱退して年度代りの4月までは特に問題はないと思います。
減免措置も受けられることは以前、自分自身が減免を何回も伸ばしましたので分ります。
が、前年の収入に対しての課税ですから来年度の課税は限りなく少なく済むと思います。
医療費の兼合いもありますが年額10万円の医療費控除はギリギリかもしれません。

所が次の年になれば、かなり税額は上がります。
その時のことを考えた際に収入を維持できるのか、或いは手取りでの収入に税金や保険料に諸経費が掛かりますが、企業を経営するか個人事業主にならないと節税の法がありません。
従業員側であると節税する方法が限られるのは言うまでもなく、手取りでマイナスになると思われます。
この時点のことを見据えての杞憂かもしれないですが、当然起こりうる経済問題だと思っています。
手取りで減った分を補えるだけの収入増があれば何の問題もないことですが、この身体でその問題をどの程度まで解決できるのか〝取らぬ狸の皮算用〟ならぬ〝取ってもいない収入の皮算用〟をしています。