睡眠中

お酒に含まれるアルコールを分解する力のあるナイアシンは、嫌な二日酔いに大変有効です。嫌な二日酔いの誘引物質とみられているエタナールという物質の無毒化にも関わっているのです。
ポリフェノール最大の作用は水溶性のビタミンCや脂溶性のビタミンEなどとは異なっていて、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果があります。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は睡眠中ではない状態で命を保っていく(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張のキープなど)のに必要となる理論上の最低限のエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。
お薬、アルコール、合成された食品の添加物などの物質を特殊な酵素で分解し、無毒化する機能の事を解毒(げどく)と呼び、肝臓の最も重要な機能のひとつだということは間違いありません。
めまいが診られず、不愉快な耳鳴りと難聴の症状だけを複数回発症するタイプの事を「蝸牛型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」というようなケースもままあります。
ふと気が付くと横向きになったままテレビ画面を眺めていたり、テーブルの上で頬杖をついたり、かかとの高い靴を日常的に履くというような癖や習慣は身体の均衡を悪化させる要因になります。
2005(平成17)年2月から新たに特保のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意を促す言葉の明示が義務付けられた。
流行性感冒、即ちインフルエンザに合った効果的な予防策や処置等原則的な措置は、季節性インフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザであってもほぼ変わりません。
骨折して大量に出血してしまった場合に、血圧が降下して目眩やふらつき、冷や汗、吐き気、立っていなくても起こる意識消失などの不快な脳貧血の症状が起こる時もあります。
トコトリエノールの作用としては酸化を防ぐ働きが特に認知されていますが、それ以外にも肌を美しく保つ作用や、血清コレステロールの生成を抑えたりすることが確認されています。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管の内側が狭くなってしまって、血流が途絶え、栄養や酸素が心筋まで配達されず、筋線維そのものが機能しなくなるという大変怖い病気です。
現在、若年層で結核菌に対しての免疫を保有していない人々が増えていることや、早合点のために受診が遅れることが素因の集団院内感染(アウトブレイク)が多くなっています。
体を維持するのに必要なエネルギー源として速攻で機能する糖質、人の細胞の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、過度の痩身ではこれらのように体調を保障するために必ず要る栄養までもを欠乏させる。
杉の花粉が飛散する頃に、小さなお子さんが発熱はしていないのに頻繁にクシャミをしたりサラサラした鼻水が止まる気配をみせない症状なら、もしかしたら杉花粉症の可能性が高いといえるでしょう。
BMI(体格指数)の計算式はどこの国も共通ですが、値の評価基準は国ごとにそれぞれ少しずつ違っていて、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22が標準体重、BMI25以上の場合を肥満、18.5未満の場合は低体重としているのです。