発生源

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)のインスリンを分泌するβ細胞が壊れてしまうことが原因となり、その膵臓からインスリンがほぼ出なくなって発症に至るというタイプの糖尿病なのです。
鍼灸針を痛みの発生源に刺す、という物体的な程よい無数の刺激が、神経細胞の活動を促し、神経インパルスと称されるいわば電気信号伝達を引き起こすと言われているのです。
肥満というのは当たり前のことながら食事の栄養バランスや運動不足などが主因ですが、量の等しいごはんであったとしても、かきこむように食べ終わる早食いをし続けたならば体重過多に陥っている肥満を招きやすくなります。
塩分や脂肪分の摂取過多は避けて運動に尽力し、ストレスを溜めすぎないような暮らしを続けることが狭心症の素因である動脈硬化を予め予防するポイントです。
収縮期血圧が140を超える高血圧になると、全身の血管に大きなダメージがかかった結果、頭から足まで色々な場所の血管に障害が発生して、合併症を発症する見込が拡大するのです。
杉花粉が飛ぶ春に、まだ小さな子どもが平熱なのにクシャミや水っ洟が止む気配をみせない具合なら、杉花粉症の可能性が高いといえます。
学校や幼稚園等大勢での集団行動をするにあたって、花粉症の症状のせいでクラスの友達と同時に思いきり走り回れないのは、子どもにとっても残念な事でしょう。
脂漏性皮膚炎というものは皮脂分泌の異常が要因でもたらされる発疹で、皮脂の分泌が異常をきたす因子として性ステロイドホルモンの不均衡やナイアシンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な欠乏等が挙げられます。
植物中に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつであるイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の物質について、肝臓が分泌している解毒酵素の自然な発生を支えているのではないかという事実関係が明らかになってきたのです。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関する数十年に及ぶ追跡調査の結果をみると、大人よりも体の小さな未成年のほうが飛んできた放射能の被害をより受容しやすくなっていることが読み取れます。
不快な耳鳴りには本人にしか感じられないことを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように当事者以外の人にも品質の高いマイクロホンをあてると感じることができるというタイプの「他覚的耳鳴り」があるそうです。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が切れた1ヶ月後、製薬市場の約80%がジェネリック医薬品(Generic drug)に取って代わる薬品もある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は世界に浸透しているのです。
近年患者数が増加している花粉症とは、杉やヒノキ、マツ、ヨモギなどの大量の花粉が素因となって、くしゃみ・頭重感・鼻水などのアレルギーを齎す病気として広く認識されています。
汗疱状湿疹(汗疱)とは主に手の平や足の裏指と指の間などにプツプツとしたちっちゃな水疱が出る病気で、世間一般ではあせもと呼ばれており、足裏に出来ると足水虫と混同される場合が結構あります。
環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと輪状、つまりは輪っかのようなまるい形状をした紅い色の発疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総称ですが、理由は本当に多種多彩だといえるでしょう。