民間航空機

国際調査団は現地には入ることができたようだ が、親ロシア派武装勢力は全面的に調査に協力しているわけではなく、調査活動の制限・妨害も行っているとされる。

紛争当事国でも軍用機でもない民間航空機がいきなり撃墜されて、無関係な国の乗員が死亡するという事件は珍しいが、こういった理不尽な事故が起 こっても浮気調査 埼玉『紛争中・自衛権の行使(紛らわしい領空侵犯)・やむを得ない誤射』などを理由にしてまともな責任追及や損害賠償が行われることは殆どないだろ う。
ウクライナ内戦が思わぬ形で飛び火したマレーシア機撃墜事件だったが、アメリカとEUのロシアに対する非難・締め付けがますます強まることになり、『クリミア半島のロシア編入』に続いてウクライナ情勢の緊迫の度合いが増している。
『ロシアの親ロシア派武装勢力(秩序と規律に欠ける部隊も含む義勇兵・混成軍)に対する武器供与』についても、国連での制裁決議が提出される可能 性が出てきたが、ロシアは常任理事国であり自らの製造したミサイルで撃墜されたという証拠はないと言い張るだろうから、『拒否権』を行使して実際の制裁決 議はできない流れにはなる。