匙加減が重要

一つの問題を騒ぎ立てるということは、俯瞰して物事を見ようとせず、ミスリードさせて結論を導き出して利益を得ようとしているか、真性のバカの二択になるわけです、ハイ。

経済で重要なのは信用であって、信用がなければ債務を抱えることも出来ないわけで、債務を抱えることが出来なければ、個を存続させるためには、実力行使以外の手段はないわけです。
重要なのは全体のバランスをどのように取れるかであって、短絡的な観点で物事を考えることが、信用を損なう行為に等しいと考えることが重要と思いますw
信用は地道にしか構築出来ず、信用を壊すことは簡単なわけで、匙加減が重要ですね。 コツコツ頑張っても決して報われるわけでもないわけでwww 
報告内容としては極めて妥当と思います。
まず「悪意」とは、国語辞典などに掲載されている法律用語としての「知っていること」の意であるわけで、「善意」というのは、「知らない」という意となります。
小保方氏が悪意を込めてSTAP細胞の研究をしてたなどは思わないわけで、そういった解釈をしているというのも、悪意の意味を理解しているとは思えないわけです。