ティーパーティー

自民党の傀儡のような状態になるような気がする。
独自路線を出そうにも舛添氏の当選は自民党・公明党の組織票があったらであり、

もしも、何も後ろ盾がなければ田母神氏より下位にいたかもしれない。 実は、田母神氏が当選しても私は考えていた。 それは、期待値が多ければ多いほど、些細なことで一斉に支持者が反旗を翻し、せっかく出来そうだったものや企画が台無しになるということ。
アメリカのオバマ大統領が、まさにそれで、就任当時ホワイトハウス前には多くの支持者が集まり熱狂的だった。
しかし、現在、オバマ大統領の支持率は低下し、かつての熱狂的な支持者もティーパーティーなどに入り反オバマを掲げる人も出てきた。
過度な期待や失望をするにはまだ早すぎるような気もする。 しっかりと政治を見つめ、考え、冷静に意見を交換し合い(インターネットはそういう意味ではとても便利)考え、発表する。 為政者が間違えたら、何が間違えているのか、何が自分にとって不利益なのかを明快にして伝える。