コンソーシアム

レコード会社に起こった事が今度は出版社に必ず起きる。その際に、日本における新しい市場のイニシアチブを取るのがアマゾン、アップル、グーグルだけで良いのだろうか?

オンラインの映画コンテンツ配信市場が既存の映画会社やTV局があつまるコンソーシアムに任せておいたら何も進まなかった(市場は活性化しなかっ た)のと同じ事をまた繰り返して良いのだろうか?
シャープや特定のハードメーカーが新独自方式や日本しか視野に無い方式でチョコチョコはじめるのが良いの だろうか? 日本のコンテンツが世界にもっと出て行く非常に大きなチャンスがもうそこまで来ている。その世界を、守りながら縮小する事しかできない恐竜達に道 を阻まれる事無く、自由に大きく翼を広げられるよう、そして大空を飛び回れるようハード⇒配信流通システム⇒コーディネートできるオープンなプラット フォームを作る為に日本の才能とイニシアチブを世界視野で立ち上げることが大事だと切に感じるんです~!